率先して行動する重要性

今朝あった出来事。

 

あなたは悪を見た時に、行動できるか

通勤中。
電車に酔っ払った (恐らく夜通し飲んでいたのだろう) 推定50くらいのオヤジが乗車。

毎日の日課のVoicyを聞いて心地の良い通勤タイムだったのだけど
でかい荷物をドタバタ置いてみたり、独り言が大きいわ、しまいには電話で大声で話目始めて、だんだんとイライラしてきたわけです。

 

そんな時に、30半ばくらいの女性が一言

「電車の中でそれはマナー違反ですよ、周りのお客さんのことも考えてください」

 

それに対して、酔っ払いオヤジは

「うるせー!こっちは酔ってんだよ!」

と怒号を浴びせる

 

流石に暴力振られたりしたら怖いと思うので、女性はそこで引き下がりましたが、
その一部始終を見ていた20代後半くらいのお兄さんがキレました。

 

内容は大体想像がつくと思うので、割愛しますが、取っ組み合いの末、
電車から降ろして一応和解に。

 

何もできなかった自分に自己嫌悪

それまでに何人もの勇敢な人たちを見ました。

  • 最初に注意した女性
  • 2番目に正論を振りかざした男性
  • 取っ組み合いを仲介して止めていたビジネスマン
  • 二人が離れた後にその間に座る女子高生

ただ、私は1ブロック離れてたからという理由で特に行動は起こしませんでした。
というか起こせませんでした。

 

普段偉そうなことをこのブログに書きつけて、発信した風を出していますが
結局こういう時に行動できなければ全く意味がないなと。

 

正直、触れたら必ず炎上することは分かっていたのでこういう厄介ごとには
手を出さない人間ですが、少なくとも

互いを仲介していたビジネスマン

間に座った女子高生

 

この二人のような勇敢な態度は必ず必要だと思うのです。

 

何が個人の時代だ、何がgiveが大事だ。

結局見て見ぬ振りをする大多数に位置するのだなと、改めて認識してしまった。

 

今日確かに、電車の中に、ぬくもりを感じました。

とあまり気持ちの整理はついていないですが、軽く自分が嫌いになりそうです。

 

今日は勢いで。

岡崎体育ファンクラブー能動的投資を始めるー

こんばんわ。
岡崎体育さんの新しいファンクラブのカタチで色々議論されているようです。
今日はそれを受けて、思ったことをつらつらと。

 

大体の経緯は下記記事から分かります。

nlab.itmedia.co.jp

 

岡崎体育の曲

知らない方もいると思うので、岡崎体育さんの曲も少し紹介?

www.youtube.com

この曲で初めて知りました。3年前くらいに。
まだフェスとかでも見なかったような。
着眼点がいいな〜と思っていたら、

 

www.youtube.com

これで一気にきましたよね。
面白い。音源より断トツライブですね。

能動的投資と受動的投資

岡崎体育さんの新しいファンクラブのシステムはこれだけです。

たくさん課金した人の方が、良いサービスを受けられる

 

これに対して

握手券付きのアイドルのCD買ってるのと同じだから、何が悪いんだろう?

と言うのが、率直な意見でした。

 

何が違うかと言うと、後者は勝手にファンが投資しはじめたのに対して、
前者は運営からシステムとして提示してしまったところにあるんでしょうね。

 

能動的に競い合うのと違って、
課金しないとサービスが受けれないとか、強制感が働いたりしちゃって
納得できない人が多々いるんだろうなと思います。


岡崎体育さんのファンに小さい子がいるかは分かりませんが、
大人じゃないとなかなかこの競争には入れないです。

 

結果、ファンとして応援が気持ちよくできなくなってしまった?

 

選民化の先には

ブログで岡崎体育さんは、こう述べていました。

捉え方によってはファンの差別であり、選民している

 

綺麗事を言っても仕方ないから正直に言うと、

 

ファンの人たちから「賛同」と「お金」を得ないと

ミュージシャンやアイドルは生きていけません。

 そして最後には、

使った金額が低くて+αのサービスが受けられなかったとしても、

今までのファンクラブコンテンツを受けられなくなることは無いです。

今までのコンテンツが5だとしたら、+αの会員が5+αになるだけであって、

それ以外の会員が4になったり3になったりしません。5のままです。

 

 

これまではアーティストへの応援は

  • CDをたくさん買う
  • ライブにたくさん行く
  • グッズをたくさん買う

こんな感じで、アーティストにとってはとても嬉しいけど
ファンに特別何かしてあげることはできなかった。 

 

でも今回の件は
これまで、メジャーデビューしたミュージシャンがやったことがなかっただけで
今のご時世当たり前のことですね。

クラウドファンディングみたいなものだなと。
受け取るサービスは変わらないけど、事業を応援してくれる人は追加もできます的な。

 

プラスαが貰えるだけ、良心的というか神ですね。

 

ミュージシャンもファンに支援してもらって最高の活動が続けられる、
ファンも応援度が可視化されて、満足感が得られる。

 

むしろ選民された方が、気持ちよく応援できるかもしれない

そう思ってしまいました。

 

能動的投資民と受動的投資民でしっかり区別されそうですね。

 

他人への投資が自己成長に繋がる

よくよく考えると、ファンクラブに入ってこれまで払ってきた年会費って
アーティストへの投資ではなく自分への投資だったのでは?
多くの人が楽しい瞬間を味わうために、良い席のチケットが手に入るファンクラブに加入している。やっぱり自分のためじゃないか。

 

でも新しいカタチとして、他者への投資というものが始まっている。
繰り返しになるが今回のファンクラブもそうだし、
クラウドファンディングなんてそのものだ。

 

Giveの数だけ強くなれるなんてことを過去記事で言ったけど、
本当にその通りかもしれない(自画自賛

 

chokosh0120.hatenablog.com

 

他人に投資したその先に何があるのかは今は分からないけど

必ず自分のところに返ってくる、そんな風に経験として分かる。

いつまでも受動的投資ではいけない。

面白いと思ったら、飛びついて (投資して)、触れてみよう。

 

 

終わり。

 

 

 

脳科学から見るミス削減の心構え

こんばんは、にゃんちゅうです。
本日は、本の紹介シリーズ第3回です。
 
紹介する本は、
「絶対にミスをしない人の脳の習慣 樺沢紫苑著」です。
 
第2回でもご紹介した精神科医樺沢先生の本です。
(メルマガとブログを購読するくらい、最近この先生にはまっています。)

 

絶対にミスをしない人の脳の習慣

絶対にミスをしない人の脳の習慣

 

 

以前、仕事のミスというブログ書きましたが、
樺沢先生は「すべてのミスは、脳の情報処理に関わる仕組みのせいであって、あなたの能力が低いせいではない」と理論的な視点で書かれています。
この本の中で書かれていて面白いと思った点を抜粋してご紹介します。
 

①ほとんどの人の脳のワーキングメモリのトレーは3つ

やることが3つ以上あると、人は忘れやすい。
例えば、「えっと今日はご祝儀袋を買いに行って、TSUTAYAにDVD返却して、23分の電車に乗って、打ち合わせの予習して・・・・」なんてことを一気にやってしまうと、電車の遅延を知らせる連絡が来た途端にTSUTAYAにDVDを返すことを忘れてしまうわけです。電車に乗ってカバンの中にTSUTAYAの袋があるのを見て思い出すのでしょう。(経験談
 

②脳が疲弊するスマホ認知症

人のメモリは3つまで。
スマホでニュースサイトやまとめブログなどの情報をただ収集する習慣があると、メモリはすぐにいっぱいになってしまい、忘れやすくなるそうです。
 

③「人に言わない」感情整理術

ほとんどの人は仕事でミスをし、上司に叱られたら、「人に話す」「酒を飲む」ということをするが、それは実は間違っている。人に話すことは、感情の整理とストレス発散につながるが、「何度も人に話す」「長時間人に話す」と、記憶の増強につながるため、感情的なダメージを引きずることになる。
 
話す場合は15分に収めて、1回だけとかにする。

「酒を飲む」がよくないのは、アルコールは理性のブレーキを外し、催眠状態に近い状態になるため。その状態で「自分がいかにだめか」という話をしてしまうと、自分の無意識部分まで染み込み、全く自信を持てなくなってしまうとのこと。

じゃあミスはどうしたらいいか?
樺沢先生のおすすめは「ミスは笑いにして水に流す」。
お酒はおいしく、楽しく!仕事で成功した時に飲みましょう。
 
③は私も実体験があり、恋愛の失敗談としてよく飲みの場で話す話があるのですが、確かに何度も話すことでその時に受けた心のダメージを何度もなぞっており、より強く記憶に残っています。お酒を飲んだら、楽しい話をする。辛い話も、話のオチを前向きなオチにするか、軽くして面白くする。その方がいいのでしょうね。(さすが精神科医です。)
 
以上、本の紹介シリーズ第3回でした。

脳科学的時間術

こんにちは、にゃんちゅうです。
本日は、本の紹介シリーズ第2回です。
 
紹介する本は、
「脳のパフォーマンスを最大限まで引き出す 神・時間術 樺沢紫苑著」です。

 

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

 
 
Amazonのレビュー評価を見てわかるように、ビジネス書ランキングに入っているような本で、駅の本屋さんなどでも平積みされて売られているような本です。
 
著者は精神科医の樺沢さんと言う方で、本の話の冒頭はご自身が病院で勤務されていた頃のお話から始まります。精神科医として病院で1日16時間以上働き、仕事と睡眠の2つしかやられていなかったという経験があるそうです。そんなある時、樺沢さんがアメリカの大学病院へ留学することになりました。そこで得た、アメリカ人のライフワークバランスについても踏まえてこの本は書かれています。
 
高校生くらいの頃私も、毎日受験勉強と寝るだけしかなく、「人間の睡眠時間が2時間で大丈夫だったらもっとあんなことやこんな遊びができるのになあ・・・」と思ったものです。
この本では、睡眠時間を削ることなく人の4倍働いて、2倍遊ぶ人生を過ごすための時間の使い方について書かれています。
 
抜粋して4点紹介します。
 

①脳のパフォーマンスが最も良いのは朝起きてから3時間

集中力が必要な文章やパワポを作る作業は、午後やるよりこの3時間(ゴールデンタイム)にやる方が、午後よりも時間が1 /4になるそう。なぜかというと、朝は脳がまっさらな状態であるため、さまざまな情報を吸収しやすいとのこと。
 

②集中力が落ち、ミスが増えるのは午後2時から4時ー集中力を取り戻すには運動をー

有酸素運動をすることでBDNF(脳由来神経栄養因子)という脳を育てる物質の分泌が促進、やる気を出すドーパミンの分泌も増加。結果、朝のゴールデンタイムのようなまっさらな脳へ80%程度回復させることができる。
→実際に平日夜の仕事おわりの後、ランニングを1時間程度して本を読んでみました。結果、本当に集中力が上がってる。文字がするする入ってくる。ランニング前よりも、邪念も少ない。すげえ。やってみないとわからないのでぜひやってみてください。
 

③カーテンを開けて寝て、5分シャワーを浴びて目を覚ます

私自身、低血圧なせいか、朝は弱くて、アラームがなってもなかなか起きれなかったり、起きても数分ベットの上でぼーっとしてしまいます。試しにカーテンを少しだけ開けて寝てみたところ、普段なら6時間睡眠ではかなり起きるのがツラいのですが、この方法ではすっきり目覚められました。カーテンを開けると、日の光を目が認識し、脳内で睡眠や覚醒に関与するセロトニンという物質が分泌されるそうなのです。
 
加えて、朝シャワーも実践してみたところ、確かに熱いシャワーを浴びるだけでかなり目が冷めて仕事やるぞモードになります。さらに、熱いシャワーで体が温められたまま外出着に着替えるので、体がぽかぽかした状態を長く保つことができました。電車のなかでもポカポカしており、職場についても「なんか今日いつもより体温高いな」って感じがしました。冷え性の女性にもおすすめです。
 

④レム睡眠とノンレム睡眠があるように、起きているときにも覚醒度の高い90分と眠気の強い20分が交互に訪れている

睡眠中には深い眠りと夢をみるような浅い眠りが交互に訪れているとよく聞きますが、実は起きている時にも起こっているそうなのです。本のなかでは、この90分ー20分サイクルを利用した仕事術も書かれているのでぜひ読んでみてください。
 
本の最後に、この樺沢さんがなぜこの本を書いたかについて触れられています。
 
精神科医として働いているなかで、日本人の過労自殺について強く問題意識があった。日本は経済成長をしているけれども、先進国のなかで労働時間がかなり多く悪かった。これは、非効率な働き方を長時間労働でカバーしていることを示していると。
 
「人の4倍働き人の2倍遊ぶ。」
 
時間を効率的に使うことで、仕事もプライベートも家族も自分の健康も大事にしてほしい。この本を書くことで、日本人のワークスタイルを変え、自殺も過労死も今の半分以下に減らす。それが本を書いた理由だと伝えています。
 
この本は、素晴らしく良い情報が載っているだけでなく、著者樺沢さんの「日本を良くしたい」という気持ちが最後に読者の心を鷲掴みにします。
 
人生を豊かに過ごしたいと思っている、すべての皆さんにぜひ紹介したい本です。
 
以上、本日は本の紹介でした。

自問自答〜なぜブログを書くのか〜

一ヶ月近くブログを続けて思ったことをまとめてみようかと。

 

ブログで感じる成長

英語の勉強などは3日も続かない私が、一ヶ月の間毎日欠かさず更新した。
自分にとってはとんでもなくすごいことで、また成長できたなと思っている。

いわゆる『継続力』は伸びたのだろう。

 

書く内容も特に決まっていないので、毎日欠かさず情報収集に努めていた。
あまり、記事にはしていないけどアンテナをはっていた一ヶ月だったと思う。
インプットしたことをその日のうちにアウトプットする練習。

 

主な情報ソースは

  • Twitter
  • NewsPicks
  • ビジネス書
  • 外のイベント

1月に自分で足を運んだイベントは脳と芸術のシンポジウムくらいだったが、
他の情報ソースと違って、
肌で感じた分、生の声・率直な意見が伝えられる方が良い記事が書けると実感。

そう考えると今週の記事達は生き生きしている気がする。
なんとなく自分のスタイルが掴めてきたような。

 

就活以来の『自己分析』の良い機会になりました。

 

chokosh0120.hatenablog.com

 

もう一声欲しい

毎日続けたのは良いのだけど、記事に深みがないなと。
他のブロガーさんの書きっぷりを見ているとなおさらそう感じます。

 

最近ファンになった、冨森ひろきさんのブログ

暮らし、みらい – テクノロジーと、これからの暮らし方

見ればわかる、タイトルも含め

 

めっちゃオシャレやん…

 

そして記事の内容も

 

めっちゃ深いやん…

 

私のブログは

"事実"を"解説"して最後に"プラスアルファ的な意見"を述べるだけ。

 

もっと、未来に対してメッセージを送りたい。

 

特にどうすればいいかも分からないので、再びブログ書きながら模索していきたいな。

 

最後に

雑記ブログの割に役に立たない情報が多かったり、
ただの自己満足の自己分析記事を書いていたりで、

正直、読者の皆さんのお役に立てているのかわかりません泣

 

ただ、
たった34日間でPV数は1800近く行きましたし、読者数ももうすぐ100になります。

 

継続力が伸びたとは言いますが、全くアクセスやレスポンスがなかったら
続いてなかったのは間違いありません。

 

これからも応援頂ければとても喜びます。
それでは良い週末を!

Voicyにハマってる

f:id:chokosh0120:20180202075515j:plain

こんばんわ。
また、雪が降ってきました。センチメンタルな気分になります。
今日の一曲 (初の試み)


きのこ帝国 ラストデイ

 

今日は最近ハマってる新しい音声メディア Voicyについてちょろっと

 

話すブログ、それがVoicy

百聞は一見にしかず、ではないですね。
ラジオですから笑

voicy.jp

 

仮想通貨ブロガーのイケダハヤトさんや作家・ブロガーのはあちゅうさんが
始めた新しい表現の在り方、ということをツイッターで発見し試しに聞いてみると。

これは面白い!!

 

何が面白いのかは緒方さんのツイートのリンク先にまとめられております。

 

個人的には、ラジオという音声メディアは苦手でした。

  • 長い (1時間とか)
  • トークの間に音楽が流れたりで、聞かなくても良い余分な時間が多い
  • 集中しないと、何も残らない

という理由で。ラジオ聞きながら何かできる人はすごいな〜と思ってました。
熱狂的なファンじゃなければ、ずっと聞いてられないです。

一方、Voicyは

  • 短い (10分程度で通勤時にちょうど良い)から集中して聞ける
  • トークオンリーで要点しかない
  • インフルエンサーが普段考えていること (生き方だったり、スタートアップだったり)を生の声で配信してくれるので、響くし、今日も頑張ろうという気持ちにさせてくれる

毎朝通勤時は座れたら読書、座れなかったらニュースピックスかツイッター、もしくはブログ徘徊だったのですが、活字が読みたくない時もある…

そんなところでVoicyが出てきてくれたのは大きかった!

座れなくても、目をつぶりながら情報収集できる。

 

聞くだけでアウトプットの練習になる

音声を聞いているので

 

聞くのに集中しながら頭の中で話されていることをまとめたり
自分だったらどう思うかを同時進行で考えなければならなくて
まるでセミナーに出ているかのような状況をVoicyは作ってくれる。

 

最近会議などでも良い質問ができないという悩みを私は抱えている。

質問時間は限られているから、
「早く」理解して「早く」自分の意見をまとめなければならない。

 

Voicyはそんな訓練をするのにぴったりだと感じている。
仮想通貨だったりIT業界だったり自分の知らない領域についてだから
なおさらだ。

 

気軽にみなさん初めてみて欲しいです。

 

Voicyをフリックで打ってみると

全部上入力で完結する。偶然だとしても素晴らしく気持ちが良い。

 

 

というツイートをしたら緒方さんに拾われた。
距離が近く感じれて、とても嬉しかった笑

 

昔、○コ生とかで放送したことがあるのもあって
自分もVoicyでチャンネルを持ちたいな、と思ったのだが

 

誰でもできるわけではないらしい。

 

定期的な募集か緒方さんからのスカウトによってチャンネルは持てるとのこと。

相当なインフルエンサーじゃないと、まず無理ですな笑

 

何かの領域で強みが持てるように、このブログをきっかけにして
やっていければいいな〜。

 

早くブログ名を変えたい。

 

お休みなさい。

 

2/2追記

一般部門も盛り上がっている!!チャレンジしたくなる〜〜〜

ギブニーランドになれば良い

こんばんわ。

突然褒められると、素直に受け入れられないのですが皆さんどうでしょうか。

 

謙遜は葛藤でできている

昨日、突然

「なんか、オシャレになったね?」

と褒められました。

 

それに対して私は

「そう?そうでもないと思うけどね笑」

と言う謙遜に満ち溢れた返し。

 

この時の内情は

素直に嬉しい VS 煽られているのではという疑心暗鬼

 

私の謙遜感情はこれらの葛藤で成り立っているのだろう。

謙遜することで人間関係は一見円滑になっているように思えるが、
実はそうではない。

 


謙遜を捨てなければ、
それ以上の関係になるのは難しい
ということを今一度確認したい。

 

 謙遜から次の感情表現へ

気を使わない関係の1つの目安は

沈黙が苦にならない

ことではないだろうか?

 

私は、沈黙が怖いので、
会話する相手によって2-3の話題ストックを常に用意しています。

そんなスタイルなもんですから、人によっては私が90%話していて
相手にとっても当たり障りのないことしか言わないつまらないやつと思われている
かもしれません。

最終的に、沈黙が苦にならない関係は
私という存在に興味を持ってくれて (今回のケースのように褒めてくれる)、
私が無理をしなくなった時に、もたらされるのだなとおもいます。

自分で言うのもなんですが、私の交友スタイルはgive & give
見返りは全く求めません。

 

それに対して、相手からのgiveが返ってきた時にコミュニケーションが次の段階へ。
さらにgiveが積み重なり、私のgiveと釣り合った時に、気の使わない関係へ。

それからはお返しのお返しと言わんばかりに相互のgiveが積み重なり、
信頼関係を築くことができる。

 

giveの数だけ強くなろう。

 

これからは褒められた時は、素直に喜び、謙遜は捨てる!

*もちろん、謙遜はコミュニケーションの第一歩として必要です。

 

このような信頼関係を構築しようと始まったのが、
キンコン西野さんの新たな試みレターポット。

letterpot.otogimachi.jp

 

登録して、動向を見守るだけに終始していたが、
面白いなと実感もできたのでどんどん使って行こうかなと。

レター来るのかな?笑

齊藤 駿さんのレターポット | LetterPot (α)



また、使ってみての感想などは!
それでは。